ニックネームbloomingday
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年11月05日(木) 10時49分

相続

"身近な人が亡くなったりテレビで相続の事が取り上げられている機会で徐々に伝えていくようにしましょう。

とにかく本人が書くつもりになることが肝心です。

誰しも遺言の不可欠性は理解しているものです。

テレビや新聞で相続トラブルが多く取り上げられるようになっている昨今、両親に遺言書を書いてくれと考慮している方は多々あるかと考えます。

これを突然言ってしまうと、受け取った側からすれば「もう近いうちに死ぬかもしれないからその下拵えをしろ」と考えてもおかしくはありません。

遺言書は理不尽に書かせるのはよくありません。

仮にその言葉で「必ずに遺言書は書いてやらん!」と考えを曲げられてしまっては困ります。

それ故にも、率直に切り出すことはやめて徐々に本人の意思を動くのを待ちます。

親に遺言書を書いてもらうためにお薦めやってはいけない事は、唐突に「遺言書を書いて」と伝えてしまうことです。

心情が固まってきた時に、具体的に遺言書の書き方など話を詰めていけばいいのです。

特に、ご高齢になってくると自身の死後の不安や心配も考慮するようになってくるものですから、本当は子供達から遺言書の必須性を特別に教えてあげる不可欠はないのです。

ある調査機関の統計によると父母に遺言書を書いてほしいと考える方は、質問調査の結果で全体の約47.3%もあったそうです。

けれども、遺言書を残すという事は「死に向かい合うための準備」と心積もりられ、わりと自分の親に伝えにくいものです。

"


相続手続き 虎ノ門
この記事へのトラックバックURL
https://bloomingday.prtls.jp/tb/d_d2c81f31a7e4b50
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 1 月
12
345789
101213141516
171819202223
24252627282930
31